続報です。
以下、以前の記事です。続報からだと意味がわからないかもしれないので、事前にこの記事の公開部分だけでも読まれることをお勧めします。

--------
知りたいけど友人知人でも関係者でもない、という方が多いので経緯部分だけを抜き出したまとめを作りました。
こちらも詳細部分はパス制です。記録に比べると短めで流れについてのみの記述なのでわかりやすいかと思います。
この記事に関しては、パス請求はある程度はどなたからでもお受けしますのでお気軽に。メールフォームからご連絡ください。

今回の件の証拠に関して鍵をつけた理由に関しては記事内に記載します。
大変悪質な嫌がらせ行為について腹立たしく辛い気持ちです。この記事を読まれた方が、悪質な誹謗中傷を許さないでいてくださるよう望みます。

経緯は以下に、これまでにされてきたことの詳細は続きのほうに、証拠についてはパスが必要なプライベートモード部分に提示しました。

■登場人物
  • X:私が同一人物であると疑われた棲み分け用アカウント。当然ながら私とは無関係。
  • Y:私の友人
  • A:私に対して執拗に当てこすりを行う、Xに対して数ヶ月に渡って絡むなどの行為を繰り返したアカウント。私とはフォロー関係にないが、なぜか私の発言に対しては素早く反応して当てこすってくる。また、それが私への当てこすりであることは本人も認めている。Cの作成したTogetterまとめでまとめの主旨とは無関係の私への当てつけを行うが、それに対しては称賛の声が集まった。 
  • B:友人Yや私への誹謗中傷を行い、腹を立てたYから「そういうことは止めるように」と直接叱られる。だが後に私及びYに相談もなしに、名指しで事実に反する経緯まとめを作成、プロバイダ経由でYからの記事の差し止め請求を受けるも無視、現在も他アカウントの尻馬にのり私やYへの当てこすりを繰り返す
  • C:Togetterで「棲み分けの押し付けには従わない宣言」を出したアカウント。過去に私やY、Xに対して執拗な粘着ツイートを行っており、本人の発言からそれがわざとやったことであるものが判明する。私にはもう言及しないと宣言しているが、他ブログをRTしたり当てこすりを行うなど宣言は守られていない。IPアドレスを私に知られることを異様に恐れ、周囲に対して私にIPアドレスを知られると何かされるかもしれないとほのめかし連絡を取らせないようにする
  • D:棲み分けには特に関係ない私と同CPのアカウント。現在は私を名指ししたブログを作成し、私が再三にわたり「ブログの主旨からして私を名指しする必要はないし止めてほしい」と訴えているにも関わらず聞き入れなかった
  • E:注意喚起ブログを作成した。不正なアクセスを行ったとおぼしきユーザーのIPアドレスを晒し上げ、IPアドレスの晒しは犯罪でも何でもないので大丈夫だと太鼓判を押す。C、Gとはつながっている様子。
  • F:Bの友人で私と同CPのアカウント。注意喚起ブログという名の鍵つきブログを作成する。Togetterでは突然現れ、まとめの主旨とは無関係の話題で私に話しかけてきたため、Pixivメッセージに誘導したところ貴方と密室でやり取りするとよくないと思うという謎の理論でまとめコメント欄で返信される。それについて他ユーザーからの「出て行け」などの意見はほぼ見られなかった。
  • G:棲み分け過激派についての記事と見せかけた私への誹謗中傷ブログを作成する。書かれている内容に関しては事実に反する部分が多々あり、また根拠及び証拠も示されていないが私が誰であるのかはリンク先などからわかるようになっている。Fや他のユーザーと一緒になって私の作品について害悪だなどと言って楽しんでいる。

■簡単にかいつまんでここまでの流れ(私に関係のない部分も含む)
  • 2015/3くらいから刀剣乱舞のヘイト創作問題というのが発生する(本筋と関係がないので詳細は省略)
  • 2015/10にAさんがヘイト創作問題に関して言及、それに関連して棲み分け活動を行うXというアカウントと揉める。
  • 2015/11に私がTLに流れてきた棲み分け問題について言及し、Aさんに当てこすられる上記発言に関して「夢叩きをしているのだろう」というような当てこすりがAさんから行われる。それが当てこすりであることはAさんに確認済み。
  • 2015/11下旬頃から私=Xであるという言いがかりが某匿名掲示板にて発生
  • 直接言われたわけではないのでスルーするがTwitter上で面白半分に接触(無礼な名称のリストに入れてくる、私に通知が来るようにしながら当てこすりを行うなど)が増える
  • その頃、AさんがX宛の@で私への当てつけのようなことを言いだす
  • Aさんが某匿名掲示板を閲覧しているのは過去のツイートからも判明済であったため、Aさんもあれを信じているのか…とゲンナリし、止めてくれるようにメッセージを送る
  • Aさんがメッセージ内でXのことばかり話す上に当てこすりを止めてくれる様子もないので、いい加減にして欲しいなと思いながら返信していると、なぜかメッセージを公開すると言い出す
  • 外野にあれこれ言われたりするのが嫌だったので拒否するがAさんは一方的にメッセージを公開
  • その辺りで「もう関わらないほうがいいな」と考えたのでAさんへの直接の接触を止める
  • 2015/12にTwitter上で言いがかりに基づく誹謗中傷を繰り返していた相手の一人であるBさんに「止めてほしい」といっしょくたにされて叩かれていた友人Yが直接頼みに行き、その場ではこういうことはしないという合意に至る
  • 後日、経緯文と称して私とYを名指しした事実に反する文章が上がる
  • ヘイト創作問題で中心になって動いていたメンバーが年内での活動停止を表明する
  • 2016/1にCさんが「棲み分けの押し付けには従わない宣言」を出す
    ※注釈※ Cさんは2015/11頃から私=Xさんという説などで延々煽り発言のようなことを繰り返していたユーザーであり、宣言内部で「謝らなければ許さない」というようなことを言いだしたので、私も巻き込まれてはかなわないな…とコメント欄を訪問したところ、無関係なのに出てきたのはおかしいとコメント欄にいたユーザーから叩かれ嘲笑される
  • 2016/1に私へのいじめを告発するブログができる
  • 2016/1にDさんが告発ブログを告発するブログを私を名指ししながら作る
  • 2016/1にCさんがPixivにネットトラブルへの対処法なる記事を作成する
    ※上記記事にはいじめ告発ブログへの言及や、Yのスペースへの訪問などに対してのあてつけではないかと思われる文言が見られたが粘着質な方なのだとわかっていたのでもう放置する
  • 2016/2にEさんがブログを作成、某匿名掲示板の言いがかりを元にX=私であるとして注意喚起を呼びかける
    ※この件では他にも複数アカウントを同一視していると思われるがブログ内で名指しされていないため詳細不明
  • 2016年2月中旬、Fさんがブログを作る(おそらく私についての記述があると思われる)
  • 2016年2月中旬、Dさんブログ・Eさんブログに不審な多数のアクセスがあり、Dさんのブログが一時凍結される
  • 凍結された後、複数人が不審なアクセスについて私がやったのではないかと疑うような言動を行う
  • 2016年2月中旬、Eさんブログで多数のアクセスを行っていた相手が岩手県盛岡市OCNユーザーであることがスクリーンショットで明らかにされる ※私は関東在住でOCNユーザーではありません  
  • Aさんはその間も2月下旬現在までも継続して当てこすりを続ける
  • 2016年2月下旬、Cさんから追加の当てつけを受ける
  • 2016年3月、Gさんが棲み分け過激派がどうこうというタイトルで主に私について誹謗中傷するブログを作成する
上記がこれまでの流れです。ここに登場していないアカウントも含めると、私が把握しているだけで20以上のアカウントが加害者側として問題に加担しています。捨てアカもありますがほとんどが捨てアカではないアカウントです。
上記のような流れを知らない方々が私が嘘をついて被害者ぶっていると思い込み、圧力をかけてくるなどのような二次被害も発生しるため困惑し疲労しています。いくら私が止めてほしいと頼んでも、違うと訴えても、証拠を出せと言うばかりでまったく聞き入れてもらえません。

これが彼らの言う「いじめでも嫌がらせでも誹謗中傷でも違法でもない行為」で、これまでの客観的な流れです。
※ただし、あからさまな捨てアカによる荒らし・嫌がらせについては特別な理由がない限りこちらの経緯では言及していません。基本的には身元不明で匿名の荒らしには無視が一番であると考えているためです。
私に関して事実無根のいじめ被害を訴えているという嘘を拡散している方々がいらっしゃいますが、それこそが嘘です。 その件についても記事内で触れています。事実、いじめという表現では生ぬるい被害を受けています。

事実関係については鍵内に伏せも隠しも入れていない証拠を記載していますが、今回の件は行っていた方々について伏せた上で簡単に説明すると以下のようになります。
  • 私は事実無根の言いがかりを元にした誹謗中傷・嫌がらせ・当て擦りを半年近くの間受けていた(現在進行形)
  • それを「止めてほしい」と頼んだところ、さらに直接的な嫌がらせをされるようになった(現在進行形)
誹謗中傷に対して直接指摘して止めてほしいと頼むと「別の人間のことだが誰であるか貴方に言う必要はない」 「誰のことか名指ししているわけでもないのだから自意識過剰だ」などのように返され、私自身がそれが私に向けられた誹謗中傷であると証明せよと言われてしまいます。
ただ、発言の流れや相手の行動を追っていくと、わかりにくいですが私のことを話しているのは間違いないとわかるのです。ただ、それを証明するのは難しいことなので私ひとりではどうしようもありません。

ほかにも直接的にスペースに来ていたことがわかるような文言、スペースの一日の様子について明らかに監視していたことがわかるような文言が書きこまれることもありました。
スペースにいた売り子の詳細な容姿・服装、頒布していたスペースの様子などネット上の情報だけでは書きこむことができないような内容です。

また気に入らない創作物に対して攻撃を加えていたという言いがかりをつけられて、一方的に誹謗中傷されたりもしました。
私が他の小説書きさんに嫉妬して棲み分けを盾に攻撃しているというのです。私はそんな主張はしていませんし、他の方に嫉妬する必要も特にありません。どうして私が他CPの方々や、石かりの小説書きさんに嫉妬しなくてはならないのか理解もできませんが、そうした主張を私のことをほのめかしながら主張するアカウントが複数あり、まったくの言いがかりに困り果てています。そうしたことについて止めてほしいと言及すると、これもまた自意識過剰だ、他の誰かのことだろう、言いがかりをつけて他人を攻撃するな、すべてお前の被害妄想だと言われるのです。

そうした数ヶ月にも渡る行為に耐えかね、言いがかりによる粘着行為は止めてほしいと訴えるとそうした行為に加担している方々が私へどうしてこんなところへ出て来たのかと執拗に嘲笑や罵倒を浴びせかけます。今、名前を出されているわけではないのだから、自意識過剰だと言われます。

自分に注目を集めたくていじめをでっちあげて騒いでいるのだ、という噂をばらまかれもします。私はそんなことはしていません。上記のような行為を半年近くに渡り受けているので、さすがに耐えかねているだけです。でも、それを説明しようとしても誰も話を聞こうとしません。
カップリング内では「有住は嘘つきで悪い奴だから、どう悪く言っても許される」空気が蔓延しているからです。また、私に関わると自分もいじめられると考えて黙っている方もいらっしゃることも確認しています。

そして現在もまったく私に関わりのない「刀剣乱舞のヘイト創作棲み分け問題」を扱うブログなどで私について「いじめられたと嘘をついている」というような誹謗中傷が行われています。その他にも色々と怪情報の類がばらまかれ、名指ししていないのだから問題ないはずだと言われます。ただ、名指しをしていないだけで、ブログの情報を見ていくと私のことを指しているのは誰にでも分かる状態になっています。

私は上記のようなすべてについて穏便に済ませるために水面下での話し合いを望んできました。
ですが、有住は危険な人間だからやり取りはすべて公開すべきだと主張され、話し合いさえできません。 私は誰かを脅迫したり、恫喝したりはしていませんが、まるでそうした行為を行う人間であるかのようにミスリードされます。

上記のような行為は正当性があるのでしょうか。私はこれらを不当な扱いであると感じています。止めてほしいです。でも止めてほしいといくら言っても止めてもらえません。被害妄想扱いされます。
ですがログは記録してあり、中には私を名指ししているものや会話に参加している方の一人が私についての会話だと認めたもの、もろもろの条件を突き合わせると私であるとしか考えられないもの――等を含むのです。でもそれも、すべて被害妄想で私には虚言癖があってそういう頭の病気で人格障害だから嘘をついているのだというようなことを言われます。当たり前ですが、そんなことはすべて事実無根です。

また、荒らしや嫌がらせについて私は表向き無視した上で運営に通報などの手段を取ることにしていますが、それも責められます。騒ぎ立てて刺激するよりは運営に通報を行うなどしたほうが早いですが、それを表に出して被害をアピールしないのが悪いと責められることもありました。つまり、私は黙って対処していても声を上げて対処しようとしても責められます。とても理不尽だと感じます。

私は言いがかりをつけないで欲しいし、言いがかりを元に嫌がらせや誹謗中傷をするのを止めてほしいと訴えています。 これは言いがかりだし止めてほしい、と頼んだときに複数人で嘘つき呼ばわりしながらつつきまわしておいて、いじめなんか存在しないというのはおかしくないでしょうか?
お前の被害妄想だと言いながら複数人で責めたてるのは正当な行為なんでしょうか? 
もし私が本当に被害妄想で他人をいじめっこ呼ばわりする精神疾患を持つ人間であるなら、すべきことは病院に連れて行くことであり、よってたかって責めたてることではありません。つまり正当な行為をしようと思うのであれば、私を責めるのではなく、速やかに直接の知人に連絡を入れ、このような症状があるので病院に連れて行くように進言すべきです。私の直接の知人については会話などから推察できるはずです。
でも誰もそういうことはせず、私に当てこすりをしたり、直接責めてきたり、ブログを作って嘘を拡散したりします。おかしくないでしょうか?

他の「記録」はそうした行為に加担している方々を名指しした証拠ログです。
でも私が記録としてつけ始めただけのものなので、 整理されていませんし読みにくい部分も多いため、こうして別記事にまとめました。

一日も早く、こうした誹謗中傷及び嫌がらせが納まって欲しいと考えています。

私が黙ってさえいれば、私が我慢していれば…という思いでずっと我慢してきました。
でももう、限界だと思います。
お願いですから、そういう子供染みたいじめは止めて下さい。

棲み分け問題だなんて煽りタイトルで人を集めて、私についての誹謗中傷を書くのは止めてほしいです。
お友達と一緒に作品叩きで盛り上がるのも止めてください。私の作品がいくらつまらなくて、クズで、読むに値しないものだと思ったとしても、それを表に出して嘲笑されると傷つきます。悲しいです。

私が頭の病気で日本語の通じないヤバイ人だとお友達と一緒になってバカにしたり嘲笑したりしながら、観察して楽しまれているのも大変不愉快です。

個人の意見だと言えば私のことだとあきらかにわかる流れで私の悪口を言っていいと思っている方は、そういう子供のいじめみたいなことは止めて下さい。あなた個人の意見でも言われる方は不愉快です。
ありもしないことをあげつらって叩いたり嘲笑したりされていても、それに対して私が反論することができない状況はケンカではありません。私はケンカはしていません。一方的に当てこすられ、バカにされ、嘲笑されています。

 ジャンルを変えても名前を変えてもどこまでも追いかけてきて晒すそうですが止めて下さい。貴方にそんな権利はないし、他の誰にもそんな権利はありません。

こうしたブログを書いてもきっとほとんどの人が無視し、私について「あいつは被害妄想で騒ぎ立てているだけ」だと主張すると思います。これまで、ずっとそうでした。私はほとんど一人で耐え続けてきました。
でも、もう限界です。

シンプルなお願いをします。

私をこれ以上傷つけないでください。 ありもしないことで罵るのを止めて下さい。私の作品を馬鹿にしないでください。私を馬鹿にしながらお友達と盛り上がるのを止めて下さい。ありもしない危険人物という虚像で私を叩くのを止めて下さい。圧力をかけて黙らせようとするのを止めて下さい。

この「お願い」を嘲笑する人がいたら、それこそがいじめだと思います。
いじめに加担する気がないなら、嘲笑する必要はないはずです。
私の考えに誤解によるものがあるなら、どこがどう誤解であるのかを私に直接指摘すればよいだけです。本当に誤解であるなら私も考えを変えるでしょう。
それもせず、物事の全体像を知ろうともせずに「いじめの事実はなかった」 と叫ぶのは、いじめが発覚して責められた学校側が隠蔽工作をしようとするのに似ていると感じます。

物事の一部を見ただけで「いじめはなかった」と断定している方にこそ、今回の出来事の経緯すべてを知っていただきたいです。
正直なところ、全容を理解している方は他にいないようです。色々な記述を拝見しましたが、どなたも経緯についての重要な部分をご存知ないため、検証もできておらず、不完全な意見しか述べられていません。

そのためこのブログを作成しました。
加害者とされる方々は証拠を出せと言う方が多いため、発言のスクリーンショットなどを多数掲載しています。
サークルの方も数多くいらっしゃるどころか、掲載アカウントはほとんどが捨てアカではなく本アカです。そのため人を不快にする恐れがありますし、人によってはショックを受けることもあるかと思います。

ただ、私の目的は個人の糾弾ではありません。
子供染みたいじめ・嫌がらせは止めてほしいというだけです。

大人が本気で子供じみたいじめ・嫌がらせに手を出してみた――というような状態になっています。
アイツが気に食わないからいじめてやろう、の大人版の状態です。私はどうすればそれを解決できるのかわかりません。

ただいじめと同じで、解決のためには「いじめは許さない」という一人一人の意思が重要なのではないかと思います。
誰か一人を寄ってたかって責めるのはおかしなことで、本人が反論すると嘲笑するのもおかしなことです。人を馬鹿にしてはいけないし、一生懸命作った作品を貶すのもやってはいけません。そういう、ごく普通のことについて声を上げていくことが必要だと思います。

私は石かりがいじめが大好きなカップリングだなんて言われるのは嫌です。
でも、今の空気はまさしくいじめが蔓延している空気です。
考えてみてください。
特定の一人に対して言及したり仲良くしたりすると、他の子たちから「あの子と付き合わないほうがいいよ!」と言われる状態です。堂々と教室で悪口を言ったり、名前を出さないでもチラチラこっちを見ながら笑ったりするのと何が違うのでしょう?

私を嫌うなとは言いません。嫌いなのはもう仕方がないと思いますし、人間なので好き嫌いは誰にでもあります。でも誰か一人を嫌ったり悪く言ったりするのが当たり前の空気はおかしい、と気づいてほしいと思います。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。